空き家売却 空き家査定

空き家売却、空き家査定は一括査定がおすすすめ

空き家売却、空き家査定は一括査定がおすすすめ

空き家売却、
空き家査定はお早めに!!

 

2017年度からの実施をめざす空き家対策特別措置法により、
今後は各自治体の権限で「危険な空き家」と見なされると撤去や修繕を勧告されることになります。
さらにこれに従わないと50万円以下の罰金、さらに強制撤去も可能となりました。

 

そればかりか、これまでは空き家であっても住宅が建っているというだけで、
税額が6分の1に軽減されるという固定資産税の優遇措置も受けられなくなります。

 

 

今、国内の全住宅に占める空き家の割合は13.5%ということです。
もちろん全ての空き家が「危険な空き家」というわけではありませんが、しかし家というものは何もしなければ人間と同じで老朽化するものです。

 

「危険な空き家」と見なされる前に、対処方法を考えてください。

 

では空き家をどうするのがいいの?

 

両親が亡くなって相続した空き家であれば、
将来的に実家に戻って住む可能性があるかどうかで変わってきますよね。

 

ただ仮に将来は実家に戻って住みたいという希望はあっても、
現実問題として頻繁に帰って建物や庭のメンテナンスをするのであれば良いですが、遠方だったりすればどうしても交通費もかさみますし、なかなか難しいと思います。足が遠のけばご近所から苦情が入るようになるでしょう。

 

さらに「危険な空き家」と見なされれば、固定資産税の優遇措置も受けられなくなるので、とにかく早いうちに解決策を見つけるのが最も良い解決法なのです。

 

まとめますね。

 

将来、実家に住みたいと思うなら、
とにかく週一ぐらいは帰って、メンテナンスする覚悟があるかどうかに尽きると思います。
もちろん空き家になった家は「金食い虫」でしかありませんので、そこを覚悟できるかどうかですね。

 

では今後住むつもりがなければ、方法は一つ。

 

もっとも当面は「賃貸に出す」という選択肢もありますが、売却する・・です。

 

イエウールはCMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社まで最大6社を選択し一括査定比較できる便利なサイトです。

 

空き家売却を決断される方は、こういった一括査定サイトを利用するのも賢い方法です。

 

空き家 高く売るには一括査定サイトが便利!!

 

じっさい、不動産取引というのは、不動産会社によってかなりの差が出ます。
実際、300万とか500万、中には1000万ぐらいの差が出ることもあるのです。

 

 

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社などから最大6社を選択し一括比較できます。
高い金額で売れる会社がきっと見つかります!

 

↓こちら↓

 



ホーム RSS購読 サイトマップ