北海道 不動産査定

北海道の不動産査定

北海道の不動産査定

北海道記事一覧

札幌市の不動産査定

政令指定都市の札幌市は中央区 北区 東区 白石区 豊平区 南区 西区 厚別区 手稲区 清田区となりますが、2015年の札幌市中央区の取引価格(土地相場)は45.72(坪/万円) 前年比 +13.62%、地価公示 102.08(坪/万円)前年比 +4.11%となり上昇してますので、札幌市の不動産査定、...

≫続きを読む

 

旭川市の不動産査定

道北の経済、産業、文化の中心都市である旭川市は、国道や鉄道路線の終起点であり、高速道路も整備されるなど道内物流の拠点となってます。2015年の旭川市の取引価格(土地相場) 8.36(坪/万円) 前年比 +17.66%、地価公示 9.75(坪/万円) 前年比 -0.42%となってますので、旭川市の不動...

≫続きを読む

 

函館市の不動産査定

函館市は毎年500万人近い観光客が訪れる観光都市でもあり、また北海道と本州を結ぶ交通結節点、道南地域の中心都市でもあります。2015年の函館市の取引価格(土地相場) 11.25(坪/万円) 前年比 +2.75%、地価公示 15.73(坪/万円) 前年比 -5.90%となってますので、函館市の不動産の...

≫続きを読む

 

釧路市の不動産査定

釧路市の不動産査定なら、東証一部上場企業のNTTデータの運営するHOME4Uがおすすめ。釧路市は釧路地方裁判所や北海道釧路総合振興局をはじめ、日本銀行支店など道東地方を管轄する国や道の出先機関が集中する道東の中心都市です。2015年の釧路市の取引価格(土地相場) 5.24(坪/万円) 前年比 +34...

≫続きを読む

 

苫小牧市の不動産査定

苫小牧市は札幌市・旭川市・函館市・釧路市に次ぐ道内5番目の人口を誇る街です。人口に関しては2004年(平成16年)には帯広市の人口を上回り、2010年の国勢調査では胆振総合振興局の中で唯一苫小牧市の人口だけが増加してる地域で、要因としては市内東部(沼ノ端地区など)が急速に発展してるというのがあるよう...

≫続きを読む

 

帯広市の不動産査定

帯広市は、十勝の中核都市です。自然の豊かな人口約17万人の都市と農村、自然環境が調和した「田園都市」という位置づけです。中央部・北東部の平地は市域の約6割を占めてますが、その約半分が大規模経営の畑作地帯となってます。そんな帯広市の2015年の帯広市の取引価格(土地相場) 7.49(坪/万円) 前年比...

≫続きを読む

 

小樽市の不動産査定

小樽市の人口は道内第7位ですが、最盛期(1960年代ごろ)には人口20万人前後でしたが、最近は減少傾向にあり、2010年の国勢調査では約13万2千人まで減少してます。しかしながら古くから港湾都市として発展し、歴史的建造物も数多く、観光都市としても人気が高いことと、隣接する札幌市のベッドタウンとしての...

≫続きを読む

 

北見市の不動産査定

北見市の人口は121,303人(2015年3月31日)です。2006年に端野町、常呂町、留辺蘂町が合併して北見市となりました。面積はオホーツク海沿岸から石北峠まで東西約110kmに広がっており、北海道(ただし、北方領土である択捉島などを除いた場合)で一番広い地方公共団体(日本国内では4番目の広さ)で...

≫続きを読む

 

江別市の不動産査定

江別市は、札幌市中心部まで鉄道で約20分の距離にあり、札幌市のベッドタウンとして一時は道内第9位まで人口が増加しましたが、しかし最近は2005年をピークに減少が続いています。そんな江別市の2015年の取引価格(土地相場) は7.32(坪/万円) 前年比 +6.72%、地価公示 8.91(坪/万円) ...

≫続きを読む

 

釧路市 土地査定

釧路市においては、坪単価、地価公示価格は釧路市北大通付近が比較的高いというデータもあるようです。この地区は釧路駅に隣接し、中高層の店舗ビルやホテル等が建つ商業地域です。もっとも釧路市においても、まずは売りたい物件の相場を調べるのが最初の一歩です。とにかく釧路市は土地が広いです。仮に一戸建ての家を売り...

≫続きを読む

 

札幌市の北区の実家を売却

実家が札幌市の北区という、今は東京で暮らす会社員の田中さん(仮名)は、2人兄妹の長男で、下に妹さんもすでに嫁いでおられるのですが、両親が相次いで他界されたということで、妹さんと相談の上売却することにしたそうです。賃貸という選択肢もないわけではありませんでしたが、そのためのリフォーム費用や今後のメンテ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ