不動産売却 理由

不動産売却の理由は不安と苦痛でした

不動産売却の理由は不安と苦痛でした

以前、不動産を購入しました。2000万円程度だったと思います。
私が27歳頃に購入しましたが、私の貯金は100万円くらいしかありませんでしたのでローンで購入しました。

 

月々の返済は6万円強でしたが、そのくらいの重荷を背負った程働き甲斐があると思ったからです。
7年ほど所有しておりましたが不動産収入もありましたので差ほど苦労は感じませんでした。

 

ただし、一旦空室になると生活が苦しかったです。
また次の入居者がいる来るかわからなかったので不安でした。購入したきっかけはもう一つ、何もしなくても不動産を持っているだけで良いと言われたからです。

 

 

しかし、現実は違いました。
書類は不動産業者がやってくれますが、年一回の確定申告や不動産購入者の定例会出席などなど、様々なことがあります。

 

人によっては大したことはないと思いますが、私にとっては苦痛でした。
そのため不動産を売却を決意しました。

 

売却額はローン残債よりも100万円程低いものでしたが、自由になりたいという思いが勝ちました。
貯金がなかったので不足分はまたローンを組みました。
ローン返済の目途を立ててからです。

 

まだ売って間もないですが、これからは煩わしさが無くなると思うと気が楽です。
後はローン返済を終えればまた昔の何もしていなかった頃に戻れるかなと思います。

 

マンション査定の相場を知るには



ホーム RSS購読 サイトマップ