家売る 理由

家を売る理由

家を売る理由

空き家が年々増加傾向にありますが、2014年に総務省が公表した住宅・土地統計調査では、空き家率は全国平均13.5%だそうです。
つまり今の日本は、約10軒に1軒は空き家であるというわけです。

 

こういった年々増加する空き家に対し、各自治体もいろんな空き家対策を行っていますが、国も空家等対策の推進に関する特別措置法など、問題の解決として中古住宅の流通を促しております。

 

こういったこともあり、「買う」側面での選択肢は、中古住宅を購入してリノベーションをするなど確実に広がっていると言えます。

 

ところでその反対にはそもそもなぜ家を売ることになったのかという問題もあるわけです。

 

家 マンションの査定!!

 

ここに興味深いデータがあります。

 

どうして家を売ることになったのか?という某アンケート調査の結果によれば、以下の通りです。

 

家を売る理由

 

今より住環境の良いところに住み替えるため

つまり今住んでるところが様々な理由で住みにくいということですね。その理由は様々だと思います。家が手狭だとか交通の便が悪いとか、あるいはご近所に嫌な人がいるからとか・・つまり理由は様々ながらも、今より良い住まいに住み替えたいという理由です。

 

資金が必要となったため

たとえば住宅ローンが払えなくなったとか、あるいは事業で失敗したとか、まとまったお金が必要になったとか、とにかく経済的な面から家を売ったということです。

 

じつは上記の2つの理由が家を売る理由の大半を占めるのですが、そのほかの理由としては、
転勤離婚相続などで売られるケースも多いようです。
また息子夫婦と同居するためとか、通勤、通学のためとか、あるいは結婚、子育て、出産などのために家を売ったという方もいるようです。

 

東証一部上場企業のNTTデータの運営するHOME4Uは、
大手不動産会社を始めとする全国約500社の優良不動産会社から、
最大6社にまとめて不動産の査定依頼ができるサービスです。

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ