家売る こっそり

近所に知られずこっそり家売る

家売る、こっそり〜近所に知られずこっそり家売りたい

近所に知られずこっそり家売ることって出来るのでしょうか?

結論から言えば、近所に知られずこっそり家売ることは可能です。
ただし、完全に内緒で・・というのであれば、買い取り業者による買取の方が無難ですが、
しかし一般的な仲介による売買の場合でも、不動産会社の多くは、売主さんの希望をできるだけ聞いてくれるはずです。もしあまり近所に知られたくないのであれば最初にその旨をきちんと伝えておきましょう。

家を買うときはあんなにオープンだったのに、家を売るケースはどうしてもネガティブな理由が多いようです。
「住宅ローンが払えない」とか「ご近所トラブルでノイローゼになってる」とかまた「ストーカー被害を受けてる」とか、
まあいろいろあるようですね。

 

もちろんそういったネガティブな理由でなく「家族が増えたので大きな家に引っ越したい」とか、「転勤でどうしても引っ越さなければならない」とか前向きな理由であっても、なぜか家を売るとなるとアレコレ勘ぐる人もいるので、こっそり家を売りたいという方は多いようです。

 

もっとも不動産会社も信用が第一ですので、お客様のプライバシーは守らなければならないという守秘義務があります。近所に知られたくないと言うのであれば、例えば物件が掲載されているチラシの配布などにおいても、ご近所の方の目に触れないような地域に配布するとか、あるいは社名の入った営業車での訪問を控えるなどしてくれますし、玄関のインターホンなどでも大きな声で社名を名乗らないようお願いしておけば、しっかり配慮もしてくれるでしょう。

 

もっとも、やや専門的なことになってくるのですが、不動産会社との契約には一般媒介契約と専任媒介契約というのがあるのですが、仮に専任媒介契約を交わしてしまうと、必然的に不動産流通標準情報システム(レインズ)に登録されるシステムになっているので、注意が必要です。
レインズに登録されるとあなたの家の売却希望といったような不動産情報がネットを経由して全国に知られてしまうので、もし仮にご近所の方が見ていたとしたらいくら隠していても知られることになってしまいます。

 

どうしても知られたくなければ一般媒介契約が無難ですが、デメリットとしては営業活動もかなり制約されるので、売却までに時間がかかったり、あるいは希望の価格ではなかなか買主が現れないということもあるかもしれません。

 

もちろんそれでもどうしても知られたくないというならしょうがありませんけど、実際にオープンにしたからと言って、理由についてまで知れ渡ることはありませんし、逆に知られても構わないと開き直ることで思った以上の高値で売れるかもしれません。

 

『ハウス・リースバック』でこれまで通り住み続けることも可能!!

家は売却するんだけど、本音を言えばずっと住みたい!!・・・

家を売却するというのは、結構大きな決断ですし、誰だって未練もあるものです。
本音を言えばずっと住みたい!!・・・というのが正直な気持ちかもしれませんね。

 

そんな方は一度、リースバックというシステムを検討してみてはどうでしょうか。

 

今話題になってるリースバックというシステムは、正確には「セール・アンド・リースバック(セール&リースバック)」とうものですが、
簡単に言えば、第三者に一旦家を買い取ってもらい、その買い取っていただいたあなたの家(正式には第三者の家ですが・・・)の家主さんと賃貸契約を結び、
その後は家賃を払うことでこれまで通り住み続けるというものです。

 

さらにその後、お金が出来たら再度買い取ることが可能というシステムですね。

 

とても画期的なシステムです。

 

実際これを企業として行っているところも出てきました。

 

『ハウス・リースバック』というところです。
『ハウス・リースバック』は、一部上場企業である東京都に本社を持つ株式会社 ハウスドゥという企業が行うサービスです。

 

 

詳しくは、こちらのページをご覧ください。
家売却、でもずっと住みたい!!ハウス・リースバック
http://xn--intakaku-543gmmq104ab1nv9hdlas48m.com/sumitai.html

 

あなたが売ろうと思っているあなたのお家を一旦ハウスドゥに売却した後、
リース料を支払う事で今の家に住み続けることができるというサービスです。

 

ご近所に知られたくない・・とか、あるいは住宅ローンの返済が苦しく一旦売却したい・・とか、子供を転向させるのが可哀想なので引っ越しはしたくない・・とか、
あるいは後継ぎがいないので相続する必要もなく、自宅は残す必要がなく、とにかく老後の資金を蓄えておきたい・・という方など、
気になる方は一度チェックされた方が良いですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ