相続マンション 売却体験談

相続したマンションの売却した時の体験談

相続したマンションの売却した時の体験談

私の母の姉は子供がおらず、ご主人にも先立たれて親戚という親戚は私の母しかおりませんでした。
子供の頃から私を自分の子供のように可愛がってくれて優しかった叔母でしたが、病気で他界してしまいました。

 

叔母は自分も済んでいた一室も含めたマンションを母と私にと相続するように遺言書に書き留めていたことが弁護士さんにより分かりました。
私達は父と幼い頃に離婚した母と二人暮らしで、住み慣れた家を離れることも考えましたが、色々な事情を考えると、
ここはマンションを売却してしまったほうが良いのではということになり、弁護士さんに相談しました。

 

相続税を考えて多額の税金を支払うことになっても二人が構わないのであれば、一旦相続したマンションを売却しましょうということになりました。
マンションといっても四階建ての12部屋と規模は小さかったです。

 

それでも寝耳に水だったこの話に私達は何度も話し合いここに至りました。

 

不動産屋に仲介してもらい、10ヶ月後に買い手がつき無事に手続きを終えました。
沢山の書類を作成し手間は掛かりましたが取引が無事に済んで良かったです。

 

家を売る、相場〜家の売却査定ならお任せ!!



ホーム RSS購読 サイトマップ