転勤 自宅賃貸 売却

転勤、自宅賃貸が出来ず売却した経験談

転勤、自宅賃貸が出来ず売却した経験談

私が注文住宅を新築し、やっと4年が経過して新たな生活にも慣れ親しんできたころに転勤が決まったのです。

 

正直言うと当初は売却するつもりは全くなく、貸しに出そうかと考えていたのです。
しかし銀行から、待ったが掛かりました。
なんと貸しに出す場合は住宅ローンを全額返済することを求められたのです。

銀行によれば住宅ローンはあくまで居住用のローンであるため、貸しに出す場合はもっと金利の高いアパートローンにする必要があるとのこと。
まあ確かにその通りなのです。

 

そこで売りに出すこととしたのです。

 

家を建てたビルダーにお願いして売りに出したのですが、実際はなかなか引き合いがなく、売れる気配がまったくありませんでした。

 

私も転勤先での住居費用と住宅ローンの負担は非常に重いため、早く売れるよう別の業者にも当然お願いも致しました。

 

新しい業者は色々売るために動いてくれましたが、価格も高かったためなかなか売れませんでした。

 

しかし何とか興味のある人を見つけてもらい、価格は当初の価格よりも300万円以上下げることにはなりましたが、
とにかく売却しないと生活が成り立たなくなったため、残債は別のローンを組むことで売却できたという次第です。

 

仲介業者にも手数料を少し下げてもらってなんとか住宅ローンが完済でき、売却することができました。

 

家売る 千代田区



ホーム RSS購読 サイトマップ