マイホーム 売る 貸す

マイホーム、売るのと貸すのはどっちが良いか?

マイホーム、売るのと貸すのはどっちが良いか?

一軒家でもマンションでも、長い人生の間には転勤や親の介護、相続、離婚いったような問題が出るものです。
その際今住んでいるあなたのマイホームを売るべきか貸すべきかという問題に直面することは良くあることです。

 

ですがこれに対しての答えはありません。
どちらが良いのかどうかというのは、その不動産やそれぞれ皆さんの抱える事情によって変わってきます。

 

マイホーム売るにしても貸すにしても、たとえば住宅ローンがまだ残っている場合や、あるいは家の名義と土地の名義が異なっている場合などは、貸すにしても売るにしてもすんなりいかないことも多いのです。

 

基本的にまだ住宅ローンが残っている家やマンションの場合は、賃貸は出来ないことになっています。
そもそも住宅ローンは居住用ということで、アパートなどに適用されるアパートローンなどに比べると超低金利になっています。

 

ですから住宅ローンが残っている家やマンションの賃貸は、金融機関側から見れば明らかな契約違反です。契約違反がバレれば一括返済を求めらることもあり得ます。

 

もっとも金融機関側も、ある程度は知っていても黙認するケースもあるようです。

 

また売るにしても家の名義は売りたい本人でも、土地の名義が親の名義だったり、あるいは借地の場合だったりすると、そうそう簡単には本人の意向だけでは売ることはできません。

 

家と土地はセットです。
何より土地が使えない家を買う人はいないのです。

 

このようにそれぞれの事情も違うので、どちらが良いかについては一概に言えません。

 

もちろんもし迷われているならば、査定を依頼する際に、「家賃」と「査定価格」の両方を算出できるようなところを選ぶのが基本です。

 

その際、仮に賃貸にした場合は賃貸管理などを委託できるのか?
家賃保証をつけた賃貸管理サービスがあるのかどうかなども確認するとよいでしょう。

 

マンション査定の相場を知るには

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ