にかほ市 不動産査定

にかほ市の不動産査定

にかほ市の不動産査定

にかほ市は2005年(平成17年)10月1日に由利郡仁賀保町・金浦町・象潟町が合併し発足した秋田県南西部の市であり、人口は25,530人(推計人口、2015年5月1日)と多くはありませんが、社会人野球・TDK硬式野球部で知られるTDKの企業城下町としてTDKの工場・関連会社が集中するところでもあります。そんなにかほ市の2015年の取引価格(土地相場) は、3.8(坪/万円) 前年比 +32.68%、地価公示 5.28(坪/万円) 前年比 -5.17%となってますので、にかほ市の不動産査定、家 売却査定において少しでも高く売りたいなら、複数の不動産業者から査定してもらいましょう。

 

ところで、にかほ市における土地価格は如何ほどなのかが気になるところだと思いますが、残念ながらにかほ市土地査定における相場を見ると、秋田県内でも低いほうの地域となっています。

 

最も秋田県そのものが毎年土地評価額の下落傾向になかなか歯止めがかからない状況ですので、にかほ市にとっても厳しい現状と言えそうです。
もっともだからと言って嘆いてばかりでは埒も飽きませんので、今、土地や家といった不動産を手放そうと考え中の方は、少しでも高く売るための方策を試してみましょう。

 

ではにかほ市の不動産売却査定を少しでも高くするにはどうすればいいのでしょうか?
にかほ市の不動産売却査定を少しでも高くするには、1社だけでなく複数の業者に査定してもらいましょう。

 

そこで便利なのは、無料で利用できる不動産売却の一括査定サービスです。

 

たとえば東証一部上場企業のNTTデータの運営するHOME4Uは、
大手不動産会社を始めとする全国約500社の優良不動産会社から、
最大6社にまとめて不動産の査定依頼ができるサービスです。

 

 

でも申し込み後のしつこい勧誘や営業が心配です。

このサービスは無料で複数社から一括査定が受けられるサービスです。
電話やメールでお客様へご連絡はありますが、基本的にお申し込み後のしつこい勧誘や営業はありませんのでご安心ください。

 

しかもHOME4Uは、運営してるのが東証一部上場企業のNTTデータですので、
信頼度という面でも安心です。

 

 

 

このような一括査定サービスは、最初皆さんやはり少し敬遠されるみたいですが、
じつはこのHOME4Uのような不動産・住宅の総合情報サイトは、
個別の不動産関連の企業と違いまったくもって公平な立場で運営されているサイトなのです。

 

ですから本当の相場を知りたいなら試してみる価値があるのです。

 

 


関連ページ

秋田市の不動産査定
秋田市は秋田県の県庁所在地であり、都市圏人口は約41万人で行政・商業の中心です。最近の傾向としては御所野ニュータウンに代表される住宅地や大型商業施設が市郊外に建設されたことにより中心市街地の空洞化に拍車がかかっている状況が見られます。
能代市の不動産査定
能代市は人口は約5万5千人ですが、バスケの街としても知られてます。また市内の二ツ井町を中心とたして『恋文のまち』観光スポットきみまち阪、恋文商店街などとても魅力的な街です。ちなみに旧・能代市は2006年(平成18年)に二ツ井町と新設合併し、新たな能代市となりました。
横手市の不動産査定
横手市は2005年に旧平鹿郡に属する増田町、平鹿町、雄物川町、大森町、十文字町、山内村、大雄村すべてが合併し、新制横手市として発足しました。 人口は一時期は10万を超えてましたが、現在の人口は約9万人です。2月に行われるかまくらが全国的に有名な街でもあります。
大館市の不動産査定
大館市は人口約7万人の秋田県北部に位置する街ですが、大部分は山間部です。旧市街地には大館城址および市役所、裁判所、検察庁などが建ち並んでいます。ただ残念なことに主要駅である大館駅は中心部から2キロメートル以上離れる郊外にあるのがネックとなり、交通施設(交通)と商業施設(経済)が非効率に分散したまま発展してきている状況です。
男鹿市の不動産査定
男鹿半島の大半を占める男鹿市は、寒風山や鵜野崎海岸、男鹿半島・大潟ジオパークなど観光に力を入れている地区です。1970年には5万人を超えていた人口も、現在は約3万人弱となっています。人口は男鹿市の南部に集中しており、鉄道が通り市役所が置かれいます。
湯沢市の不動産査定
湯沢市は小野小町生誕の地ととして、あきたこまちや秋田新幹線こまちの由来になっている街です。 人口は1970年ごろは約7万人近くもおりましたが、現在は5万人を切っております。しかし周辺の稲川町、雄勝町などの通勤通学者の流れや買い物先の動向などは、やはり湯沢市に集まる傾向があり、周辺地区の中心的な機能も備えています。
鹿角市の不動産査定
鹿角市の人口は1970年頃は5万人を超えてましたが、現在は31,939人(推計人口、2015年5月1日)となっています。鉄道も秋田新幹線の駅はどの駅も鹿角市中心部からは遠く離れた場所にあることから、利便性の悪さが指摘されてます。人口減少の克服と人口の将来展望に基づく地方創生実現が課題になっています。
由利本荘市の不動産査定
由利本荘市は2005年(平成17年)3月22日に本荘市と由利郡7町(矢島町・岩城町・由利町・西目町・鳥海町・東由利町・大内町)が合併し発足した新しい街です。人口は79,935人(推計人口、2015年5月1日)。由利本荘市では街の発展のために、市内に定住するために転入した方に対し、一定の要件を満たす方に対して「定住促進奨励金」を交付しています。
潟上市の不動産査定
潟上市は秋田市の北西、男鹿市の南東に位置する市で、湖南地区の南秋田郡天王町、飯田川町、昭和町が2005年(平成17年)3月22日に合併して誕生しました。推計人口は2015年5月時点で33,227人と発表されています。秋田県内の市の中で最も面積は狭い自治体です。人口は緩やかに減少ぎみではありますが、 2000年代前半まで住民基本台帳人口が増加傾向にある秋田県内では数少ない自治体でした。
大仙市の不動産査定
大仙市は2005年(平成17年)3月22日に、大曲仙北地域の8市町村が合併し誕生した市となります。その面積(866.77km2)は東京23区より広いと言われてます。市の中心部は交通の要衝である大曲地域となり、大仙市役所本庁が置かれ、国や県の各行政出先機関も大曲地域に集中しています。
北秋田市の不動産査定
北秋田市は、秋田県内では由利本荘市に次いで2番目に面積(1,152.76km2)が広い街となります。しかしそのほとんどは山林等が占めており、可住面積は全体の16.4%程度で、人口は33,287人(推計人口、2015年5月1日)と発表されてます。市でも上杉駅前団地など市(旧合川町)が造成し販売している分譲地などもあり、定住政策を推進しているようです。
仙北市の不動産査定
仙北市は2005年(平成17年)に仙北郡の角館町、田沢湖町、西木村が合併して発足した市であります。人口は27,371人(推計人口、2015年5月1日)で、市のほぼ中央に田沢湖があり、東に秋田駒ヶ岳、北に八幡平、南は仙北平野へと開ける農林業と観光業が中心の街です。特に角館地区は武家屋敷を中心とした重要伝統的建造物群保存地区があり、「みちのくの小京都」と呼ばれる歴史の町でもあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ