大船渡市 不動産査定

大船渡市の不動産査定

大船渡市の不動産査定

大船渡市は、大船渡町の大船渡駅前周辺と、盛町の盛駅西口周辺に市街地が展開しています。
行政・司法の中心は盛町、交通・商業の中心は大船渡町となってます。しかしまだ市の中心部以外にまだ光ファイバー網が普及していないなど、中心部と過疎地域の差がまだ残っています。
ただいずれはこの差も埋まることでしょうが、今後に期待したいところです。
そんな大船渡市の2015年の取引価格(土地相場) は、5.18(坪/万円) 前年比 -16.91%、地価公示 9.65(坪/万円) 前年比 +2.24%となってますので、少しでも高く売りたいなら、複数の不動産業者から査定してもらいましょう。

 

大船渡市の私の家を高く売るにはどうすればいいの?

大船渡市の家を高く売るには、1社だけでなく複数の業者の査定を受けましょう。

 

そこで便利なのは、無料で利用できる不動産売却の一括査定サービスです。

 

たとえば東証一部上場企業のNTTデータの運営するHOME4Uは、
大手不動産会社を始めとする全国約500社の優良不動産会社から、
最大6社にまとめて不動産の査定依頼ができるサービスです。

 

 

大船渡市で少しでも高く売るために大事なことは何だと思いますか?

答えはこちら!!

 

関連ページ

盛岡市の不動産査定
盛岡市は岩手県の県庁所在地であり、行政・商業の中心です。人口は299,169人(推計人口、2015年9月1日)と公表されてます。盛岡市の中心部は狭く道路も狭く、交通渋滞が起こりやすい区画となっており、現在の市域の可住地に比して山林など宅地開発に不向きな地域の比率が高いようです。盛岡市の場合、駅を中心に開発が進むというよりも、盛岡城を中心に西へ中心市街地の範囲が広がっていきました。現在の盛岡市の中心市街地は、中津川・北上川・雫石川を跨ぐ盛岡バスセンター周辺 - 内丸・大通・菜園 - 盛岡駅周辺となってます。
宮古市の不動産査定
宮古市の人口は55,041人(推計人口、2015年9月1日)とされており、面積は岩手県の市町村で最大の面積を有する地区です。東日本大震災では市内中心部の被害はある程度抑えられたものの、田老地区を始め沿岸の集落は壊滅的被害となりました。 市全域のうち約8割は山林であり、可住地面積は約117km2と、総面積の約9%に止まります。そのため可住地面積当たりの人口密度は約490(人/km2)と県内平均を上回っています。
花巻市の不動産査定
花巻市には岩手県内唯一の花巻空港があります。また東北新幹線新花巻駅や東北自動車道、東北横断自動車道などの高速交通網も整備されており、 双子都市の北上市と共に北上都市圏(北上・花巻都市圏)を形成しています。人口は約9万7千人で、花巻温泉郷や宮沢賢治生誕の地としても知られてます。
北上市の不動産査定
北上市の人口は 93,345人(推計人口、2015年9月1日)で、人口が減少する市町村が多い中で、北上市は岩手県の中でも数少ない人口増加地域となっています。昭和30年代までは典型的な農業地域でしたが、その後、比較的早い時期から企業誘致に取り組み始め、東北自動車道・東北新幹線の整備に続き、秋田自動車道が開通すると、東北道と秋田道の結節点として、岩手・秋田2県にまたがる流通の重要拠点の地位を得ました。
久慈市の不動産査定
久慈市は、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』でも知られるように、国内最北端の「北限の海女」の街です。総人口 は35,141人(推計人口、2015年9月1日)となっています。また、世界有数かつ国内最大のコハクの採掘産地としても知られてます。また久慈市では市外から久慈市に移住・定住を希望される方に対し、市内の住居を取得・賃貸する際の一部を補助する移住定住促進事業費補助金といったような支援事業も行っているようです。
遠野市の不動産査定
遠野市は柳田國男の遠野物語のもととなった町ですね。河童や座敷童子などが登場する「遠野民話」で有名です。そんな遠野市の人口は27,672人(推計人口、2015年9月1日)です。遠野市の基幹産業は農業ですが、最近はサービス業・製造業・建設業等の就業者割合が増加しています。ちなみに全就業者の中で農業就業者の占める割合は、1950年時点で73%でしたが、2005年には22%まで低下しています。
一関市の不動産査定
一関市は岩手県の最南端に位置する、県内第二の人口・面積を擁する市となります。仙台と盛岡の中間地点で、東北地方のほぼ中心に位置しており、東北の経済流通の面からみても重要な役割を持つ地点となります。人口は120,490人(推計人口、2015年9月1日)ですが、毎年減少傾向にあるようです。そのため市では市外からの移住定住者の増加を図るため奨励金を交付するなど、移住定住奨励事業も実施しております。
陸前高田市の不動産査定
東日本大震災で壊滅的なダメージを受けた陸前高田市は、岩手県南東部の太平洋岸に位置する街で、人口は19,105人(推計人口、2015年9月1日)となっています。陸前高田市では復興の街づくりの目標として人口規模を2万5千人台に設定しており、「海と緑と太陽との共生・海浜新都市」の創造を目指したまちづくりを推進中です。
釜石市の不動産査定
釜石市と言えば、鉄鋼の町で知られ、ラグビーの新日鉄釜石の街でもありますが、最近は製鉄所の高炉の休止に伴い、最盛期9万人を超えていた人口も、現在は最盛期の半分以下の約3万7000人となっています。ですが2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップの開催地に決定されるなど明るい話題も多くなっているようです。
二戸市の不動産査定
二戸市は平成18年に浄法寺町と合併し、(新)二戸市となりました。人口は29,702人(平成22年の国勢調査)と公表されてます。市の殆どは約9割が山地、丘陵地であるものの、二戸市の西側丘陵地帯には二戸地区拠点工業団地があり、八戸自動車道の浄法寺IC、一戸IC、東北新幹線二戸駅など、アクセスも良いことと、さらに市街地から約3kmと通勤や輸送の便に恵まれているので、これからの開発も期待したいところです。
八幡平市の不動産査定
八幡平市は2005年に西根町、松尾村、安代町が合併し誕生した市です。人口は26,407人(推計人口、2015年9月1日)で、八幡平リゾートや安比高原スキー場など、自然豊かな地域になります。市では八幡平市で暮らしたいという方にたとえば住宅水洗化リフォーム工事の費用助成や一戸建て木造住宅の新築、増改築の工事費用助成、東日本大震災被災者の住生活再建の支援、そして柏台地区住宅用地や湯沢地区住宅用地の分譲など、積極的な支援策を取っています。
奥州市の不動産査定
奥州市は、人口119,125人(推計人口、2015年9月1日)の岩手県内第三の人口・面積を擁する市となります。世界初の超大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の最有力候補地となるなど、今後期待が持てる地区で、もし誘致が実現すれば、国際機関や大学、企業の研究所が集積し、多くの研究分野が融合した国際科学都市の形成が見込まれます。
滝沢市の不動産査定
滝沢市は2014年(平成26年)1月1日に市制施行されましたが、それまでは10年以上の間、日本一人口が多い村として知られた地区でした。盛岡市のベッドタウンとして宅地開発が進み、1984年(昭和59年)に人口3万人、1992年(平成4年)に人口4万人、2000年(平成12年)2月15日には人口5万人を超えています。
釜石市で一戸建て査定するならココ!!
釜石市 一戸建て査定を知る為の情報を手に入れたいなら、釜石市 一戸建て査定についてまとめているこちらのWEBページを閲覧してみてください。非常に重要な釜石市 一戸建て査定の情報を、どのサイトよりも確実に理解することができると思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ