土地 売却体験

実家の土地の売却体験談、なんだかんだで買い叩かれ・・・

実家の土地の売却体験談、なんだかんだで買い叩かれ・・・

私の土地の売却体験談をお話しします。

 

私の実家は何年か前にすでに解体してましたが、もう誰も住む予定が無くなったものですから、
色々悩んだのですが結局は土地を売却することにしたのです。

 

ですが最終的な土地の売却額は当初の希望価格より3分の1ほどの値段になってしまいました。

 

というのも、最初に話を持っていた不動産屋がかなりのお調子者で「これは高く売れますよー」と、今思えば相場の1.5倍ぐらいの値段をつけて売りに出していたんですね。

 

当然ながら売れるはずもなく、そうこうしているうちにその不動産屋がいきなり半額にするよう言ってきて、これはひどいと思い専任媒介契約が終わった時点で大手の不動産屋に相談。
それで初めて、前の不動産屋のめちゃくちゃさを知ることとなりました。

 

その大手の不動産屋は相場相当の値段をつけてくれたのですが、運が悪いことにその直後にあのリーマンショックが来て、土地の売れ行き自体が悪くなってしまい、
2年たっても買い手がつきませんでした。

 

新着でない物件はなかなか注目されないと思いそれで3軒目の小さな不動産屋へ相談しました。

 

そこでもう一度精査してもらった結果、土地の地盤に難があり、補修しないと買い手がつかないことが判明。
そんなこんなで最終的に当初の希望価格の3分の1になったところで、ようやく売れました。

 

教訓として今思うことは、不動産屋の言いなりにならず最初に自分でよく勉強してから話を持っていかないとえらい目に合うな・・・と思い知らされました。

 

家を売る、相場〜家の売却査定ならお任せ!!



ホーム RSS購読 サイトマップ