家 ローンあるのに売れる

家売る、ローンあるのに売れるわけとは?

家売る、ローンあるのに売れるわけとは?

最近は家を売りたい方が多いのか、テレビのCMでも家と土地売りませんか?というコマーシャルをよく見かけます。

じつは私は家と土地を売りたいと思ってますので、そのコマーシャルのことがなぜか気になっていたんです。
まだ住宅ローンが2000万も残っています。
それでとにかく聞くだけ聞いてみようと店に行ったのですが、いざ申込用紙に書いてください・・という段階になって、ちょっと不安もよぎり断ってしまいました。
まあそれはそれでよいのですが、なぜその不動産屋さんは住宅ローンが2000万も残っていても、大丈夫というのか?
ちょっと疑問だったので質問いたします。

これは別に不動産売買においては良くあることで、不動産屋さんにとっては何も特別なことではありません。もちろん不動産屋さんが残りの住宅ローンをいったん引き受けて、買い手が見つかるまで払ってくれるというようなことではありません。
あなたが今借りている住宅ローン(銀行ローン)は、不動産売買が成立し登記を書きかえる時に銀行に返すことで、付いていた抵当権が抹消されるのと同時に、あなたのローンもすべて終わるということです。もちろんこういった作業はすべて不動産屋さんが代行してくれるので心配ありません。

 

もっと具体的に説明します。

 

仮に、あなたの家の買主が見つかり3000万で売買契約を結んだとします。
通常、この時点で手付金というのが発生します。
手付金は売買金額の1割という決まりがありますので、3000万の内の1割、つまり300万が契約時にあなたに支払われます。
その後引き渡し時に残りの2700万円が支払われるのですが、このとき、つまり最終決済時においては、2700万円がまるまるあなたに支払われるのではなく、この2700万円の中から残りの住宅ローン2000万円を銀行に支払い、抵当権を抹消するという作業が行われます。もちろんこういった作業はすべて仲介してくれる不動産屋さんが行ってくれます。

 

その後登記が書き換えられて、あなたの家は新たなオーナーにチェンジされるというわけです。
最も実際あなたの手元に入ってくる金額は、※3000万円−2000万円−諸費用(仲介手数料、売り渡し費用、売買契約印紙代等)=最終手取額となります。
実際このケースのように最終手取額がプラスになるのであれば、成功と言えるのですが、中には銀行ローンの方が売却価格を上回っているようなケース(オーバーローンとも言います)も多々あり、こういった場合だと、更に新たに手持ち金(持ち出し金)が発生し、そんなお金が捻出できない場合だと、あらたなローンということにもなってしまいます。

 

 

家を売る 高く早く

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ